FileMaker 19 スーパーリファレンス logo

FileMaker 19 スーパーリファレンス

Claris Marketplace Japan

概要

製品タイプ: トレーニング

価格: 2,800円税別

最終更新: 2020年7月10日

言語: 日本語

さらに詳しく

カテゴリ

Windows & macOS & iOS対応 (基本からしっかり学べる) - ソーテック社

初めての方から企業での開発をめざすユーザまで。FileMaker Pro のわかりやすく詳しい解説書です。丁寧な解説と図解で知りたい機能や操作がきちんとマスターできる必携の入門書。

本書は、FileMaker 19 プラットフォーム(FileMaker Pro 19、FileMaker Server 19、FileMaker Cloud 2.19、FileMaker Go)の入門者から中級ユーザーを主な対象にしています。図版を多用し、何をどのように行えば、どのような結果が出るのかということを、読者が直観的につかめるよう解説し、しくみ、機能、操作をわかりやすく、幅広く紹介しています。
企業内で自前でデータベースの開発を考えFileMaker環境を検討しているユーザーが、どのような機能を使うと目的とするデータ処理が可能になるかについてもわかる内容となっています。
FileMaker社からClaris社に社名が変わり、FileMaker Pro AdvancedもFileMaker Proと統一されました。そして、FileMaker Proの使い方も、デスクトップアプリとしての役割は薄れ、ネットワークを介したデータベースの利用が主となりつつあります。FileMaker CloudもVer.19では、AWSを使うことなく単体で機能するようになり、より導入しやすくなりました。

大規模データベースの構築にも堪えるFileMakerですが、その肝はリレーションシップの使い方にあります。本書では、よりシンプルな具体例でリレーションの組み方、ポータル操作をやさしく解説し、企業での開発の第一歩として役立てるはずです。
また、PCやモバイル端末のWebブラウザからFileMaker Proファイルを共有してデータ処理の行えるFileMaker WebDirectによるデータベース公開や、iPhone、iPadで無償で使えるFileMaker Goについてもセッティングから運用までを詳細に解説しました。

ここでFileMaker Proの特長や利点をあげておきましょう。
FileMaker Proでは、ユーザー自身によるデータベースの作成・改良、レイアウト変更、データのブラウズなどが自由自在に行なえます。検索、ソートなども簡単に行うことができ、求めているデータを素早く探し出したり並べ替えて表示することができます。さらにリレーション、スクリプト、関数を使いこなすと、より高度なデータベースの構築も行なうことができます。

Ver.19のリリースでは、FileMaker Cloudを導入している場合、カスタムAppを直接Cloudに保存できます。また、JavaScript を使用して、独自のコントロールの作成などの操作をWeb ビューア内で実行できます。FileMaker WebDirect ではカードウインドウスタイルがサポートされ、より効果的なウィンドウ表示が可能です。
数値の指数表記、合計ページ数の印刷、macOSダークモードのサポート、HEIFのサポート、Claris IDおよびIdPアカウント認証、機械学習モデルを構成スクリプトステップなどの新機能があります。

FileMaker Pro 19を覚えたい方に自信をもっておすすめできる一冊です!
本書が読者の皆様のスキルの向上に役立つことができれば幸いです。

新機能

Claris FileMaker 19 対応

追加のリソース

Claris 製品の機能

Claris 製品がローコードを求める開発者に最も選ばれている理由をご覧ください。

機能を見る

製品のリソース

便利なリソースをすぐに入手して、今日からカスタム App の作成を始めましょう。

リソースを入手